導入済みプラグイン Edit

Tale Wikiで使用できるプラグインのうちPukiWiki1.4プラグインマニュアルPukiWik Plus!導入済みプラグインに載ってない物をこのページで載せています。

block - tableタグによる区分け Edit

tableタグを使用して横方向に区分けを行う。

#block
  1区域目
#block(next)
  2区域目
#block(next)
  N区域目
#block(end)

  1区域目

  2区域目

  N区域目

div - divタグによる区分け Edit

解説未作成

include2 - ページ取り込み Edit

includeプラグインを拡張して取り込み行数を指定できるようにしたプラグイン。

#include2([ページ名],[行数指定],[オプション])
  • 行数指定
    • 省略 :全部表示
    • m-n :m行目からn行目まで表示(n行目m行目を含む)。
    • m- :m行目から全部表示。
    • -n :最初からn行目まで表示。
    • n :最初からn行目まで表示。(-n, 1-n と同じ。)
  • オプション
    • read :includeしているページへのリンクを表示。(※省略時デフォルト)
    • edit :includeしているページへの編集リンクを表示。
    • title :includeしているページ名表示。(リンクはしない)
    • page :階層化しているページの最後の部分を表示。
    • none :includeしているページのタイトルもリンクも表示しない。

nomenubar - メニューバー非表示 Edit

ページの先頭に次のように記述することでメニューバーを非表示にする。
横方向に広く使いたい場合やメニューバーが表示しているページに干渉してしまう場合に有効。

#nomenubar

region - 折り畳み Edit

指定した箇所を開閉ボタンで折り畳むことが出来る。
入れ子による利用で中で更に折り畳むことも可能。

#region([ラベル],[開閉状態])

折り畳む対象

#endregion
  • ラベル
    • 折り畳まれている時に表示されるテキスト。
  • 開閉状態
    • open :予め開いた状態にしておく。
#region(さんぷる,open)
この部分は表示したり隠したりできる。~
&color(red){内部でプラグインを呼ぶこともできる。};~

#region(入れ子)
中で更に折り畳むことも可能
#endregion

#endregion
-

この部分は表示したり隠したりできる。
内部でプラグインを呼ぶこともできる。

+ 入れ子

treemenu - 開閉状態記憶折り畳み Edit

セッションCookieによる開閉状態の記憶をサポートした折り畳みプラグイン。
入れ子による利用は不可。ラベルは常に表示される。

#treemenu[([open|closed],ラベル)]{{

折り畳む対象
 
}}

MenuBar内で使用する場合に限り、次のように記述する必要がある。
こちらは開閉状況の指定が必須。

#treemenu(menuopen|menuclosed,ラベル){{

折り畳む対象

}}

ページを指定することも可能です。読み込み先のページにTreeMenuを使用することで入れ子にすることも可能です。 ただし、読み込むページを循環するようにはしないでください。

#treemenu([open,|closed,][ラベル,]ページ名)

treeview - 解説未作成 Edit



    ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS